閉じる

Cloud9にSSH接続を追加 [AWS]

AWSのCloud9のCreate environmentで、Create a new EC2 Instance for environment (direct access)により、ダイレクトに環境を作った後でも、SSH接続をコマンド上で実行可能だ。

本記事では、Cloud9の環境で、SSH接続を行う方法について説明する。

まず、EC2を開き、新規でキーペアを作成。このときpem方式で作成し、新しく作ったキー(*.pem)は自動でローカルにダウンロードされる。

次に、ローカルのターミナル上で、ssh-keygen -y を打ち込み、ダウンロードしてきたキーへのパスを入力し、Enter

すると、ターミナル上にssh-rsaから始まる公開鍵が作成されるので、その公開鍵をコピー。

Cloud9で、~/.ssh/authorization_keys を開き、コピーした公開鍵を追加する。

ここまでで設定は完了。

最後に、ssh -i /path/to/your_key.pem ubuntu@xx.xx.xx.xx と入力すると、SSH接続ができているはずだ。

ちなみに、このときユーザー名(ここではubuntu)を入力していないと、aws connection closed by port 22のエラーがでるため、注意。

また、AWSではユーザー名が、インスタンス起動時に作成したAMIごとにデフォルトで設定されているので、注意。

ドキュメントを抜粋して一部を以下で紹介。詳しくは後に続くURLから確認してください。

  • Amazon Linux 2 または Amazon Linux AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user です。
  • CentOS AMI の場合、ユーザー名は centos です。
  • Debian AMI の場合は、ユーザー名は admin です。
  • Fedora AMI の場合、ユーザー名は ec2-user または fedora です。
  • RHEL AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。
  • SUSE AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。
  • Ubuntu AMI の場合は、ユーザー名は ubuntu です。
  • それ以外の場合で、ec2-user および root が機能しない場合は、AMI プロバイダーに確認してください。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/TroubleshootingInstancesConnecting.html
Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 CV・NLP TIPS | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.